浮気の証拠として裁判所で認められるものと認められないもの


 
こんにちは、今日子です。
 
「旦那が浮気しているのは間違いない、そんな旦那とは慰謝料もらって離婚してしまいたい」と思っていても、旦那が断固として浮気を認めないで離婚を拒否するなら、最後は裁判で争わなければいけません。あるいは離婚はするけど慰謝料を払う気がないケースも裁判で争う必要があります。
 
浮気が原因の離婚や慰謝料の裁判をする場合、旦那に不貞があったことを立証できるかどうかが争点になります。『不貞』というのは、「旦那と浮気相手に肉体関係が継続してあった」という法的な浮気の定義です。
 
法的に浮気というのは、この肉体関係がある『不貞』を指すので、単にデートをしただけとかキスまでしかしてない場合は不貞となならず、法的には浮気となりません。
 
逆にいうと、旦那と浮気相手に肉体関係があったと証明できなければ、離婚裁判で勝つ(慰謝料を取る、有利な条件で離婚する)ことは難しいのです
 
ここでは、裁判で旦那に不貞があったと認めてもらえる証拠、認めてもらえない証拠について詳しく説明したいと思います。
 

裁判で浮気を認めてもらうには肉体関係があった事実を証明する証拠が必要

離婚裁判で旦那が浮気をしていたと認めてもらう、つまり不貞があったと立証するには、浮気相手と肉体関係があった事実を証明する必要があります。
 
旦那と浮気相手の「裸のツーショット写真」とか「エッチの最中の動画」などがあれば、それは動かぬ証拠になります。
 
とはいえ、そこまでの証拠を手に入れるのは現実的に考えてほぼ無理ですし、裁判所もそこまで要求はしません。
 
裁判所が不貞と判断する例としては、旦那と浮気相手が2人でラブホに入って小1時間くらい出てこなければ、『肉体関係の事実があったと合理的に判断できる』となり不貞と認められます。2人でラブホに行ったなら、「それ以外の目的は無いでしょ!」ってことですね。
 
この場合は、2人がラブホに入る時の写真と出る時の写真を撮っておけば、証拠になるわけです。
 
ただし、不貞というのは継続している関係なので、「たまたまの1回ではない、継続した関係である」ことの証明も必要になります。
 
ちなみに旦那の行き先がラブホでなく浮気相手の家だけだとすると、逆に「家への訪問はエッチだけが目的ではない」と考えられてしまうので、不貞を認めてもらうにはラブホよりも多くの証拠が必要だと言われています。
 
このように、それぞれのケースによってどの程度の証拠が必要になるのかは異なりますが、結局は旦那を尾行して、浮気相手とラブホに入るとか、浮気相手の家に入る写真や出てくるときの写真を撮っておく必要があるわけです。もちろん、それぞれの時刻を記録しておくことも必要です。
 
また浮気相手からも慰謝料を取るなら浮気相手のことも調べなければいけません。今度はラブホから浮気相手を尾行して、家を突き止めるとかもやらなければいけないわけです。

素人が裁判で通用する証拠を集めるのは相当難しいこと

さて、上で説明したような証拠を、調査の素人であるあなたが集められるでしょうか?
 
顔バレしているあなたが尾行しても、尾行がバレてしまう可能性が高いのは言うまでもありません。旦那に顔バレしてない、行動力や洞察力の優れたお友だちに頼めれば、もしかしたらうまくいくかもしれませんが…。
 
それに旦那の写真を撮るには解像度の高いカメラとか望遠レンズも用意しないといけませんし、夜の暗い中でもはっきり撮れるような機材も必要です。
 
ハッキリ言って、あなたがバレずに証拠集めに成功する確率はゼロじゃありませんが、かなり低いのは間違いありません。その上、もしあなたが旦那に浮気のことを問い詰めたことがあるなら、旦那の警戒レベルも上がっている可能性が高いので、成功確率はより低くなってしまうでしょう。
 

もし裁判のために旦那の浮気の証拠集めをしていることがバレてしまったら、状況が悪化するのは避けられません。そうならないように、お金はかかるかもしれませんが、探偵に浮気調査をしてもらい、浮気の証拠を集めてもらうのがベストなんです。

 
 
浮気の証拠集めしていることが旦那にバレれた場合、あなたへの警戒が最大級になって、これからの調査が難しくなってしまうだけでなく、あなたが問い詰めてくることへの対策を準備する時間を与えてしまいます。
 
旦那の警戒が高まってしまうと、探偵でも調査が難しくなります。調査に時間がかかるようになり、費用も高くなってしまうのです。
 
それに旦那が浮気相手に本気になってしまっていたら、あなたが旦那に離婚を言い出す前に、旦那が自分に有利となるような理由で離婚を請求してくる可能性もあるんです。
 

旦那がたとえば「正確の不一致」を理由に離婚を請求してきた場合、あなたが旦那の浮気の確固たる証拠を持っていなければ、旦那の言い分が通ってしまう可能性も高いのです。そうなると、慰謝料とかあなたに有利な条件で離婚することが難しくなります。

 
こんなことにならないためにも、密かに、そしてなるべく早く探偵に浮気調査を依頼する必要があるんです。
 
 

浮気問題を解決するには、密かに確固たる証拠を集めてから問い詰めるのがセオリーなんですけど、もし既に問い詰めてしまってシラを切られているなら今は蒸し返さず早急に探偵に浮気調査をしてもらうことが最善策です。

 
もし、これまでの旦那の行動パターンを掴んでいて、例えば浮気相手と会うのは水曜日が多いなどがわかっていれば、探偵の事前調査を減らすことができるので料金を下げることもできます。
 

状況証拠だけで裁判所に浮気を認めてもらうのはほぼ無理

あなたが見つけた「これは絶対旦那が浮気している証拠だ!」と思うことのほとんどは、単体では裁判で不貞の証拠として扱ってもらえません。
 
上でも説明しましたが、裁判所に浮気をしていると認めてもらうには、ズバリな証拠が必要になるのです。あなたが旦那の浮気を確信できることでも、いわゆる状況証拠だと不貞の証拠だと扱ってもらえないのです。
 
状況証拠の例としては、

  • メールとかLINEのやり取り
  • ツーショットの写真
  • GPSを使って旦那がラブホに居たことを突き止めた
  • クレジットカードの利用履歴にラブホの支払いがあった
  • ICレコーダーで浮気相手との2人の会話を録音した

などがあります。
 
メールとかLINEのやり取りを掴んだとしても、たとえその中にどんなやり取りがあったとしても、文章のやり取りでは肉体関係があったことの証明にはならないのです。「ただの言葉遊び」だと言われれば、それを覆すことができないのです。
 
ツーショットの写真も、2人が交際していたことまではわかっても、肉体関係がある証拠にはなりません。
 
また旦那がラブホに居たこと、ラブホを使ったことが事実だとわかっても、浮気相手と一緒にラブホに居たことが証明できなければ不貞の事実があったとは言えないのです。
 
2人の会話の録音も、あくまで音声だけですから実際に肉体関係があった事実は証明できません。
 
このように、状況証拠的なものは、それだけでは裁判で浮気を認めてもらうことはできません。じゃ、こういう証拠を集めるのが全くのムダかというと、そういうわけではありません。
 
探偵が調べた証拠で不貞の事実を証明した上で、こういった状況証拠があれば、浮気の実態をより明らかにすることができるのです。状況証拠だけでは不貞を証明するほどの証拠能力はありませんが、別の証拠によって不貞の事実があるとわかれば状況証拠は不貞があったことを補強する証拠として使うことができるのです。
 
探偵の調べた証拠というのは、あくまで調査した日のことだけですから、浮気がどのくらいの期間続いていたのか?どのくらいの頻度で会っていたのか?などまではわかりません。
 
しかし、たとえばメールやLINEのやり取りとかツーショットの写真とかの証拠によって、交際している期間とか、いつ会っていたのかを明らかにすることができるわけです。
 
交際期間とか会う頻度というのは、慰謝料の額に影響することですので、状況証拠も探偵の証拠と一緒に集めておいた方が、あなたに有利な離婚を進めることができるのです。
 

裁判で離婚を争うには弁護士の手を借りることも考えるべし

たとえば、「旦那のスマホに浮気相手と裸で写っている写真を見つけた」場合など、これで不貞を証明できるから旦那に離婚を突きつけてやる!、と思うかもしれません。
 
たしかにそれだけで不貞の証拠になるかもしれませんが、その判断は法律の専門家にしてもらった方がいいと思います。
 
いざ裁判になってみたら、思ったような展開にならなかった…、なんてことになっても遅いのです。お住まいの自治体で法律の無料相談とかがあると思いますから、そこへ証拠を持っていって相談してみるべきです。
 
「証拠として弱いから、もっとしっかり証拠集めをした方がいい」とか「難しい裁判になりそうだから、ちゃんと弁護士に依頼した方がいい」とかアドバイスしてもらうことができます。
 
ただ自治体によっては、なかなか無料相談の予約が取りにくいところもあります。その場合は探偵に無料相談してみるのも一つの方法です。
 
 
もちろん探偵に相談した場合、探偵での浮気調査も勧められる可能性が高いですが、あなたが持っている証拠にどのくらいの力があるのかある程度の判断はできると思います。
 
あと、いざ裁判となった場合には、裁判所に出す書類とか陳述書に書くことを作文しなければいけないとか、けっこう大変です。そういう意味では弁護士に依頼して任せてしまった方が安心で確実です。
 
探偵同様お金はかかりますが、その分慰謝料をしっかり取って、そこから払えばいいんです。

このページのまとめ

いかがでしたか?このページでは浮気の証拠として裁判で認められる証拠について説明しました。
 
簡単にまとめるとこんな感じです。
 

  • 裁判で浮気を認めてもらうには、法的な浮気である「不貞」があった事実を証明する必要がある
  • 「不貞」というのは、配偶者以外の異性と肉体関係が継続してある状態
  • 不貞を証明するには、浮気相手と2人でラブホに入った写真を複数回撮るなどの証拠が必要になる
  • 不貞を証明する証拠を素人がバレずに集めるのは相当困難なことだから、探偵に依頼するべき
  • 状況証拠はそれだけで不貞を証明するのは難しいが、探偵が調べた証拠を補強して浮気の実態を明らかにするためには使える
  • 裁判で離婚を争うには、弁護士の力を借りた方が安心で確実

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。