旦那の浮気調査はGPS使えば自分でできるか?おすすめなのは?


 
こんにちは、今日子です。
 
今はスマホとかカーナビとか生活の中でも、GPSで今居る場所を確認するのは当たり前になっています。
 
ですから旦那の浮気を疑っているあなたとしては「GPSを使えば自分で浮気調査ができるハズ」と思っているのではないでしょうか?
 
たしかにGPSを上手く使えれば旦那の居場所や行き先を特定できるので、浮気調査には強力な武器となり役に立ちます
 
あなたはGPSで浮気を調べようと思っているくらいですから、きっと旦那のことを「クロ」だと疑っていて、その証拠を掴みたいと思っているのでしょう。
 
GPSを使えばあなたが持っている「疑い」を「確信」に変えることはできると思います。でも旦那に100%浮気を認めさせるほどの強い証拠でもないのです。
 
GPSで集めた証拠というのは、あくまで「この場所に居た」という状況証拠でしかなく、浮気をしていた事実を証明できるまでの証拠じゃないんです。
 
浮気をしていた事実を確実に証明するためには、GPSで旦那の行動を把握した上で、浮気の事実を証明できる証拠をしっかり集める必要があるのです。
 
つまりGPSは浮気調査をするためのお役立ちツールとして考えた方がいいのです。
 
浮気の事実を確実に証明できる証拠を集めるのは、探偵に浮気調査を依頼するのが一番確実で、それが浮気問題解決への近道なのです
 
もう少し詳しく説明してみますね。
 

GPSを浮気調査で使うための基本知識

GPSを浮気調査でどう使うか?の前に、簡単にGPSついての基本的な知識を説明しておきますね。
 
まずGPSの性能ですが、精度の高いものだと誤差は数m以内に収まります。かなりの精度で居場所を特定することができるのです。ただし精度の高さと値段の高さは比例していて、値段が安いものだと誤差20mとかになります。
 
ただしGPSは電波を使っていますから、建物の中や地下など電波が通りにくいところに入ってしまうと誤差の範囲は大きくなってしまいます。
 
トム・クルーズの映画で出てくる発信機だと敵のアジトはドンピシャ誤差ゼロでわかりますが、まぁ私たちが普通に使えるものだとこの位なんでしょうね。
 
それでも浮気調査に使うなら、やはりできる限り高性能のGPSを使わないと意味がありません。
 

浮気調査で使うGPS端末

 
では浮気調査に使えそうなGPSの端末というのはどのようなものがあると思いますか?
 
私も色々と調べましたが、よく紹介されているのはスマホやキッズ携帯などの携帯電話系のものかGPSロガーです。
 
この他にもカーナビとかドライブレコーダーにもGPSが搭載されていますが、これらは旦那も存在をわかっていますから、しっぽを掴まれるような記録は残さないでしょう。
 
【参考】カーナビで旦那の浮気の証拠を探すなら、まず走行履歴を見る
 
では携帯電話やGPSロガーは本当に浮気調査で使えるのでしょうか?
 

携帯電話系のGPS

 
携帯電話と言っても、旦那の携帯電話やスマホを使うのは原則無理です。たとえ夫婦でもあなたが旦那の位置情報を携帯電話で調べることは許されていません。もちろん旦那のスマホに追跡アプリをこっそりインストールするとかできれば追跡可能ですけど、普通は無理ですし、バレたらいろいろとマズイです。
 
ということで、あなたが自分で追跡用の携帯電話を契約することになります
 
キッズ携帯とかですと、携帯電話会社が見守りサービスを提供してくれているので、そのサービスを使って位置情報を調べることが可能です。また最近の警備会社も見守りサービスをやっていますから、こっちのサービスでGPS端末を契約する方法もあります。
 
ただしこれらのサービスは、基本的に「今ドコにいる?」を調べるのが目的なので、位置情報はリアルタイムに検索することになります。つまり張り付いていないといけないわけです。
 
サービスによっては一定の間隔で位置情報の履歴を記録する機能もありますが、保存できる履歴数が少ないのでそれほど使い勝手が良くなるわけではありません。
 
一方スマホなら様々なアプリがありますから、追跡する方法の自由度もあがります。それどころかスマホをリモート操作することすらできるようになりますから、遠隔操作で写真を撮るとかも可能にはなります。とは言え浮気調査に使えるかというと別の問題です。
 
浮気調査の基本は『いかにバレずに調べるか』です。どれだけ色々なことができても、それをバレないように使えなければ意味がありません。
 

GPSロガー

 
GPSロガーと呼ばれているものは、GPSで定期的に取得した位置情報を自分の中のメモリに記録していく機器です。位置情報を発信するのではなく自分の中に記録するので、後で回収してPCなどで記録されている情報を吸い上げる必要があります。
 
その機器単体で位置情報を記録するので、携帯電話のように契約とかする必要はありません。アマゾンなどでも売っていますから、それを購入するだけです。価格も数千円からあります。
 
ただ一般的にGPSロガーはGPSの性能があまりよくありません。特に数千円レベルの安いものだと、はっきり言って浮気調査に使えるレベルじゃありません。オモチャです。
 
ですから安いと言って飛びつかないでくださいね。
 

GPS発信機

 
まさにトム・クルーズの映画で出てくるような追跡調査に使う『ザ・発信機』です。小さくて、しかもバッテリーの持ちもいいので、こっそり忍ばせるのにピッタリです。
 
とは言っても、映画のような小指の爪先くらいとはいかず、だいたい100円ライターと変わらないくらいの大きさになります。
 
探偵で実際に使われているGPSもこういったタイプのものです。
 

※厳密に言うと、「GPS発信機」という名前のものは存在しなくて、「GPS衛星からデータを受信することで位置情報を特定して、その位置情報を発信する装置」なんだそうですが、ここでは面倒なので「GPS発信機」と呼びます。

 
ただし、こちらのGPS発信機は費用的に個人で持てるようなレベルじゃありません。高性能なのでGPS発信機自体も高いですし、GPS発信機から発信された位置情報を管理するためのサーバ(?)の設備も必要なんだそうです。
 
ですから私たちが使うような場合は、1週間とか1ヶ月とかでレンタルします。それでも1ヶ月で4万円とかするみたいですので、結構なお値段なのですが…。ですが高いだけあって、性能はとても良く誤差数mです。
 
レンタルのGPS発信機で位置情報を検索するには、レンタル元が提供してくれる専用のサイトがあって、そこを使うパターンが多いようです。人を追跡することが目的ですから、リアルタイムで位置情報を調べるだけでなく、自動的に1分おきに位置情報を検索して行動履歴を保存してくれる機能などが提供されています。
 
浮気調査でGPSを使うなら、はっきり言ってこのGPS発信機一択だと思います。サイズの面でも、精度の面でも、リアルタイムだけでなく行動履歴が保存できるなどの使い勝手の面でもさすがは専用の機器です。
 

GPSで浮気調査をするのは違法ではない?

 
ところで「勝手にGPSで追跡するのって違法じゃないの?」って疑問に思いませんか?
 

『旦那相手に浮気調査ならGPSで追跡しても問題ありません』

 
と言っているところが多いですが、実際のところは
 

「違法じゃないけど、使い方によっては絶対に問題がないとも言い切れない」

 
みたいです。
 
たとえば旦那名義の車に勝手にGPSを仕込んだことがバレた場合、旦那が自分の浮気を棚に上げてこれを訴えてくれば、一悶着(警察沙汰とか)は避けられないかもしれません。

GPSで浮気調査していることがバレるリスク

GPS発信機がいくら小さいとはいえ、気付かれるリスクはあります。トム・クルーズの映画なら小指の爪の先くらいの大きさですからバレることはありませんが(笑)、実際には100円ライターくらいの大きさはありますからね。
 
現実問題として車に仕掛けた場合は、なかなかバレないと思います。でもカバンの中に忍ばせるのは相当リスキーなことです。ちょっとカバンの中を探しものされたら見つかってしまいそうだと思いませんか?
 

浮気調査において、あなたが旦那の浮気を疑っていることは絶対にバレてはいけません。これは浮気調査の『鉄の掟』なのです。ましてや「あなたが浮気の証拠を集めようと行動に出ていること」を旦那に知られてしまったら、もはや致命傷です。
 
浮気が疑われていることがバレてしまうと、当然旦那は警戒を強めてガードが固くなります。こうなるとプロの探偵でさえ証拠を掴むのが難しくなってしまうのです。

 
浮気調査を仕事としている探偵事務所でも、浮気を疑っていることがバレて警戒が強い場合には調査の依頼を断るところもあるくらいです。また浮気調査の依頼を受けてくれるところでも、調査が難しいことから料金がはね上がります。
 
あと、もし旦那があなたとの離婚を考えていた場合、あなたが浮気調査をしていることを知ったら急いで離婚を進めようとするかもしれません。浮気の証拠が集まる前に旦那から離婚を切り出されてしまうと、色々と後手にまわってしまい不利になることも多いのです。
 
このように浮気を疑っている、浮気調査をしていることは気配すら気付かれてはいけないのです。あなたには厳しいことかもしれませんが、浮気の証拠を集めている今こそ平静を装ってダマされているフリをしなければいけないのです
 
ですから旦那に見つからないようにGPS発信機を仕掛けるのが難しいのであれば、GPSを使うことは断念すべきだと思います。
 

GPSで集めた浮気の証拠だけだと証拠能力は高くない

最初でも言いましたが、GPSで集めた情報だけですと証拠能力は高くありません。「GPS発信機がその場所にあった」という状況証拠でしかありませんし、誰かと一緒に居たことを証明できません。
 
つまり浮気の事実があったことを証明できないのです
 
それでもGPSの証拠で旦那を問い詰めることはできると思います。しかし旦那がそれで浮気を正直にすべて認めるかどうかはわからないのです。
 
旦那があなたに強い罪悪感を感じていたり、または単に気が弱かったりで、素直に浮気していたことを認めるかもしれません。
 
しかし逆に言い逃れすることも可能なのです。『ホテルには1人で行った』と言い張られたら、たとえ苦しい言い逃れだとしても、本人が認めない限りはそれ以上追求するネタがないのです。
 
GPSの証拠だけで旦那に浮気を問い詰めるのは、あなたにとって賭けでしかないのです
 
旦那に言い逃れさせずに浮気を認めさせるには、やはり2人でホテルに入った写真など絶対的な証拠が必要になんです。
 
また旦那を問い詰めてもラチがあかないからと離婚とか慰謝料の裁判をしたとしても、裁判所はGPSの証拠だけではまず浮気の事実を認めてくれません。GPSの証拠能力はこの程度なんです。
 
正確に言うと裁判所で認める浮気というのは、一般的に言われる『浮気』よりも狭い意味で、妻以外の異性と肉体関係があった『不貞』となります。
 
つまり裁判所に『不貞』を認めてもらうには、浮気相手と肉体関係があったことを証明する必要があるのです。しかしGPSの証拠では浮気相手と一緒に居たことを証明できませんから、裁判で証拠として使えないのです。
 
裁判所に「不貞」の事実を認めてもらえる証拠というのは、もちろん現場の写真があれば間違いありませんが、普通それは無理ですよね。
 
ですので通常は、「肉体関係の事実があったと合理的で客観的に推測できる証拠」を集めて、それらを一連の証拠として提出する必要があるのです。また不貞は一度だけではなく継続性があることも示す必要があります。
 
具体的な例ですと、
 

  • 2人が同じホテルに入った写真と出た写真、および入った時刻と出た時刻(40分以上の滞在で肉体関係があったと認められる)
  • ホテルに行ったのが1回だけでなく複数回あった

 
という証拠を集める必要があるのです。

素人が確実な浮気の証拠を集めるのは難しい。探偵に任せた方が確実

このようにあなたの望むような形で浮気問題を解決するには、旦那が言い逃れできないような証拠、裁判で浮気を認めてもらえる絶対的な証拠が必要となるのです。
 
これって、GPSがあれば居場所が突き止められるのだから、意外と簡単に思えるかもしれません。
 
しかし顔バレしてて尾行とか素人のあなたが自分で証拠を集するのは、旦那にバレてしまうリスクが非常に高いのです
 
まず知っている顔というのは、人混みの中でも意外と気付くものです。まして毎日顔を合わせているあなたの顔ですから、尾行されていることに気付かれるリスクが高いです。
 
また浮気相手との決定的な写真を撮る場合、バレないように撮らなければいけませんからある程度距離をおいた場所から撮影することになります。しかも夜で暗いかもしれません。このような状況で、ちゃんと証拠になるような顔がはっきり写っている写真を撮るには、望遠レンズとかの機材や撮影テクニックが必要になります。
 
浮気夫というのは浮気相手に夢中で周囲を全然気にしていないことも多いので、実はコンパクトカメラのズーム機能程度でも意外と大丈夫かもしれません。でもやっぱり旦那との距離が近ければ近いほどバレるリスクは高まります。
 
先ほどから何度も説明していますが、あなたが浮気調査をしていることは絶対にバレてはいけません。バレるリスクを冒さないで決定的な証拠を集めるのって、素人にはかなり難しいことなんです。
 
もちろん、運が良ければ(と言っていいのか微妙ですが…)バレずに証拠を集められるかもしれません。でもバレた時のリスクを考えると、とてもお勧めできることではないのです。
 
ここまで言うと、もしかしたらあなたは「もう細かいことは面倒だから、直接”現場”に乗り込んじゃえばいいじゃん!場所はわかってるんだから」と修羅場を覚悟するタイプかもしれません。
 
でももし現場を見てしまったら、もう冷静でいられないですよね?その場だけでなく、その後もずっと旦那の顔を見るたびに、その時のことが蘇ってくる思います。
 
そうなると感情でしか判断できなくなり、子どもさんのことや今後の生活など将来のことをきちんと考えずに結論を出してしまうかもしれません。
 
本当はやり直したいと考えていたとしても、冷静に対処していればそうできたかもしれないのに、感情的なまま離婚して茨の道に入り込んでしまうかもしれないのです。
 
ですから、現場に直接乗り込むのは絶対にやってはいけないことなのです
 

探偵に依頼するのが一番確実で望む結果に近づく

 
ここまで長々と説明してきましたが、最初にも書いた通りGPSでは浮気の事実を証明する証拠にはなりません。浮気の事実を証明するには、やはり探偵に依頼して浮気調査をしてもらい絶対的な証拠を集めてもらうのが確実なのです。
 
 
探偵は尾行などの訓練をしっかり積んでいて、また望遠用カメラなどの調査機器も揃っていますから、素人の私たちとは比べものにならないレベルで浮気調査をすることができるのです。
 
その上このような調査力のすごさだけでなく、大手の多くの探偵事務所は弁護士と提携したりしているので、浮気した旦那とこれからどう向き合っていけばいいか、あるいは離婚するならどうしたらいいかなどを相談することもできるのです。
 
ちなみにGPSを旦那にバレないように仕掛けることができるのであれば、旦那の行動履歴を探偵に提供することで、探偵の調査することが減って調査費用を減らすことができるかもしれません。
 
しかしバレないようにする自信がなければ、最初から探偵に依頼することを考えた方がいいです。探偵によっては結局GPSを使うことになるかもしれませんが、探偵の方からGPSの使い方をしっかりアドバイスしてくれるので、安心して使うことができます。
 
いずれにしても探偵に調査の相談をするのは無料ですから、GPS探しをする前に一度相談してみることをお勧めします
 

このページのまとめ

いかがでしたか?
 
GPSの浮気調査について、また絶対的な証拠集めについて説明してきましたが、少し長くなってしまったので箇条書きで整理しますね。
 

  • GPSは間違いなく浮気調査に役立つ道具だけど、状況証拠にしかならない。GPSだけだと言い逃れされる可能性も高い。
  • GPSを使うなら「GPS発信機」をレンタルすべき。ただしいくら小型のGPS発信機(100円ライターくらい)でも、見つかってしまうリスクはある。
  • 浮気調査をしていることは絶対に旦那にバレてはいけない。浮気にまったく気付いていないフリをする。
  • 旦那に言い逃れさせない、裁判で浮気を認めてもらうなら絶対的な証拠が必要。
  • 浮気の確実な証拠集めは素人がやってはいけない。絶対に訓練を積んだ探偵に依頼すべき。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。